真面目な男性

後遺障害

木製の天秤

後遺障害とは治療を継続してもそれ以上の効果が期待できない状態になり身体に残ってしまう障害のことです。交通事故により後遺障害が残ってしまった場合には、慰謝料の請求ができます。

この記事の続きを読む

インドネシア

法律書とハンマー

インドネシアで会社設立を行う日系企業の数はこの5年間で1月に40社にも上ると言われています。しかし、インドネシアは不動産価格が高騰していますので会社設立の為に必要な事務所や工場を確保するのは難しくなってきています。

この記事の続きを読む

問題を解決する

手続きが複雑で面倒な相続に関するお話しは世田谷で相続を専門に取り扱っているこちらへ。満足度の高いサポートを行なうと評判ですよ。

過払い金は熊本の司法書士と協力して解決方法を探っていきましょう!疑問に思っていることやわからないことはお気軽にご相談下さい!

交通事故の書類作成

交通事故に関わる紛争の解決を弁護士に依頼する場合、費用として着手金・報酬金・手数料といった、いわゆる「弁護士報酬」が掛かります。また、その他に、印刷費や交通費といった実費も掛かってきます。 弁護士報酬は、個々の交通事故に対する賠償金額、また依頼する弁護士によって変わってきます。一般的な相場としては、1,000万円の勝訴判決を得たケースを想定した日弁連によるアンケートの結果が参考になります。それによると、着手金については半数近くの方が30万円、報酬金としては3分の1程度の方が50万円程度という結果があります。 また、相談をする際の相談料は、30分5,000円程度というのが一般的です。ただし交通事故の場合は、初回の相談だけ、あるいは全て無料としている場合も多いです。

交通事故の場合、弁護士費用は個々の事故内容、特に損害賠償額や経済的利益の額に対する考え方の違いで変わってきます。特に変動が大きいのは着手金と成功報酬で、事故内容や弁護士によって、一般的な相場とかなり違う場合があります。 一般的には、損害賠償の請求額と、保険会社が提示してきた額との差をもとに経済的利益を算出する場合が多いです。ですが、弁護士によっては、損害賠償の請求額自体を経済的利益として計算する場合もあります。 着手金や成功報酬は、得られる経済的利益をもとに計算しますので、後者のようなケースでは弁護士費用が大幅に高くなってしまいます。一方で、着手金を無料としたり、成功報酬の金額に上限を設けている弁護士も多く見られます。ですので、交通事故の解決を弁護士に依頼する場合は、事前に費用についてよく確認することが必要です。

離婚問題なら離婚専門の弁護士が多数在籍する当法律事務所をご利用下さい。他の法律事務所とはレベルが違います!

交通事故の後遺障害認定のことなら専門家に相談してみましょう。プロのアドバイスを受けることで、手続きをスムーズに進めることができますよ。

離婚

色鉛筆で書いたクローバー

離婚をする場合には、離婚専門の弁護士や司法書士・行政書士などの専門家の力を借りると良いです。離婚したいと思ったら無理に夫婦だけで解決しようとせず、専門家の力を借りてた方が、良い方向へいく可能性があります。

この記事の続きを読む

利息を戻す

赤ちゃんとママとパパの手

キャッシングやクレジット、消費者金融でお金を借り入れした経験がある場合は、払い過ぎた利息を取り戻す事ができます。また、請求期間が決まっているので、後回しにせず早期に解決する事が大切です。

この記事の続きを読む